自信を持って転職に臨む|ドンキの求人は面接対策をしておこう!豊富な職種から選べます
メンズ

ドンキの求人は面接対策をしておこう!豊富な職種から選べます

自信を持って転職に臨む

書類

まずは自分の棚卸しを

新卒の方はエントリーシートや履歴書が大切ですが、転職をする際は履歴書よりも職務経歴書が重要視されます。日々どんな仕事をして、そこから何を得て、次の仕事に何を活かせるのか、ということを相手にアピールするための書類だからです。職務経歴書には決まったフォーマットがありません。自由に作成できるが故に、センスや転職に対する本気度が現れます。そのため、転職を考えていても書類を書くのが大変だから現在の仕事を続けている、という人も少なくないのではないでしょうか。しかし、思い腰を上げて一度作成してみると自分を振り返ることが出来て、アピールポイントが明確になり自信にも繋がります。この機会に自分自身の棚卸しをしてみましょう。

二つの書式に分かれる

やって来た仕事の棚卸しが終わったら、次に職務経歴書のフォーマットを決めます。経験が浅いような若い方は時系列で良いでしょう。これは同じ職種を何社か経験した方にも使えます。時系列のフォーマットで注意する点は、何年に入社して何年に退職したかを書くだけではないということです。どんな仕事をして、それによりこんな成果を得た、ということを具体的に書きます。また、複数の職種を経験した方は職種ごとのフォーマットをお勧めします。タイトルに「営業」や「事務」などと書くと分かりやすいです。そして、職務経歴書の最後にまとめるのは次のようなことです。どんな目標を持って、どんな工夫をして、その結果どんな成果を得たのか。これがアピールポイントになるはずです。